2011年11月13日

ぷよ譜で振り返るぷよm@s part27

あずさ対律子
1戦目
配ぷよパターン:389他
ぷよ譜:
 あずさ/ハンバーガー法(9手聴牌13手発火)
 律子/究極連鎖法(9手聴牌13手発火)
寸評:
あずさはカウンターを抱合した形からの自己発火。1列目への捨ては10手目以降起爆色がひけなかった為であり、仕掛けの完成はとても早かった事が分かります。タイミングを合わせるのは困難に思えますが、カウンターとして発火するなら参考図の様になります。

律子も聴牌・発火までの手数はあずさと同一です。違いは律子のちぎり0に対しあずさは7手目に1度5段ちぎりをしている点。これと高さがあいまって10手目時点ではほぼ1手差がついていました。
激甘初期の自由落下速度はかなり遅いです。ちぎったぷよの落下速度より遅い位で、かつちぎれたぷよは落下距離に応じて加速もします。損益分岐点は1・2段で、ちぎれたぷよとちぎらない組ぷよの着地先が同じ高さであれば3段以上はちぎった方が明らかに速くなります。
ちぎらずに高い段に置ければそれが一番ですが、自由落下縛りではちぎりを忌避する必要なし、大きいちぎりを避けて低い段に組ぷよを運ぶのは下策、という事になります。


2戦目
配ぷよパターン:1535他
ぷよ譜:
 あずさ/究極連鎖法(10手聴牌15手発火)
 律子/究極連鎖法(12手聴牌13手発火)
寸評:
あずさは珍しく起爆の15手目までちぎりなし。ここでちぎったのは少しでも早くする為でしょう。起爆終了は2連鎖半程遅れてましたが保険の活用で逆転しました。回転を早くする為の高い位置への捨てであって最初から保険を織り込んでいた訳ではないにせよ、うまい事知識を生かせています。1つケチをつけるなら、最後は左ではなく右でまわすべきでした。
保険の有用性については、まわし勝負になる状況で敢えて下押しする事はまずない筈なので下押し禁止ルール下でも縛りなしでも変わらない様にも思うのですがどうなのでしょう。
添削戴いたので追記
今回の縛りは用意した保険を使える側の発火後の操作には影響しません(=稼げる時間に変化なし)。他方保険がない・使えない側は時間調整込の下押し接地により被弾前にもう1手引き、下段までの自由落下で時間を大きく稼ぐという手が使えなくなる為、特に先行時に受ける影響が大きいとの事。
……改めて文にすると動画内の説明通りですね。我ながら理解が足りてないなあ。
ここまで


律子は小さめのちぎり1回。聴牌では遅れを取りましたが、両者の形を比較するに保険さえなければ勝てていた試合でした。残念。


3戦目
配ぷよパターン:12513他
ぷよ譜:
 あずさ/4連鎖潰し(10手発火)
 律子/究極連鎖法(未聴牌、11手発火)
寸評:
あずさはハンバーガーから転じた潰し。律子の積み方の見極めが見事でした。配ぷよ次第なので確実に狙撃出来る保証はありませんが、特に3列目の積みが高めの相手に対しては下押禁止下の速攻/潰しは強力な武器になり得ます。

それに足許を掬われた律子は、(下押しありの)通の対戦における潰しを綺麗に食らった様な形になりました。あずさの火力見極めが遅れたのか、起爆で3列目を高くしてしまったりとやや対応も迂闊でした。参考図の様に赤ぷよを4列目に残す形で発火するなりすれば即死は免れたのですが(火力差もあり巻き返しは困難でしょうけど)。


4戦目
配ぷよパターン:4768他
ぷよ譜:
 あずさ/ハンバーガー法(10手聴牌11手発火)
 律子/究極連鎖法(10手聴牌11手発火)
寸評:
あずさはカウンター崩れの形。解説陣が驚いた要因は2連鎖目が見えていなかった為でしょう。この様に「消えたぷよに隣接していないぷよが次に消える」形は「鶴亀連鎖」呼ばれる様です。通以降のプレイヤーなら馴染みのある方も多いのでしょうか。因みに最後ちぎったのは時間節約の為でちぎらなくても参考図1の通り5連鎖全消しには変わりありません。
起爆より前のちぎりは2回。発火後被弾までに2手ひけた様に実は律子に大差をつけており、Pや小鳥の想定した参考図2の次手発火ダブルでも問題はありませんでした。
最初から下段の赤発火が見えていたかはともかく、自由落下縛りで1手増・火力ダウンする利点はどこにもなく、本編通りの発火が最善手です。

律子もちぎりなし11手全消し。多色発火は捨て5連鎖の完成のみを意識した結果の「ばらばらの積み」です。普通なら会心のぷよ譜ではあるのでしょうが低い山なりで底面への積みも多く、速度面で大差をつけられてしまいました。


真美対やよい
1戦目
配ぷよパターン:11797他
ぷよ譜:
 真美/階段4連鎖ダブル(16手聴牌、17手発火)
 やよい/デスタワーB(17手聴牌、19手発火)
寸評:
真美は典型的な階段。11〜15手を捨てる羽目になった様に、組み方の幅を広げないと今後も厳しい局面が多くなりそうです。緑を板積み状にして完全致死にしたり(参考図1)、赤を生かして5連鎖に移行する等(参考図2)幾つか改善案は考えらます。

やよいは右側の段差のみを生かす初期型4色デスタワーで7-5/5/5/7。教え通り1列目を生かせてもいますし、積み方に特に問題はありません。


2戦目
配ぷよパターン:11124他
ぷよ譜:
 真美/階段4連鎖ダブル(13手聴牌、15手発火)
 やよい/デスタワーB(15手聴牌、19手発火)
寸評:
真美は3連鎖目への組み込みですが板積みを利用、ゴミ減らしと完全致死化に1役買ってます(ダブルは4,5)。14手目も組み込めたのですが、未だ漠然とした理解なのでしょうか。(参考図

補足:打ち手のレベルにもよりますが「仕掛けの完成後は思考放棄し、起爆ぷよが来るまで全部ゴミ扱いした方が強い」という意見もありました。
今回で言えば13手目で3連鎖目が大きくなり完全致死達成と判断、後は捨てに、という事ですね。参考図の14手目を素早く見定められればその方が早いのは確かですが、識者の貴重な意見として記載させてもらいました。

やよいは初期型4色デスタワーで5-4/4/6/6。3列目に2ゴミ残留の悪形ですが17手目で発火する手も一応あります。(参考図1
終盤派生する事でクインタプルやセクスタプル(参考図2、先と同様17手目でちぎりもあり)にして発火後のゴミ量を減らしたりも出来ます。ただやよいは左側(3列目)を活用しない初期型専門ですし、上記の考え方に従えば「仕掛けは4つで十分、後は捨てで」となる為、現時点では及第点と言えるのではないでしょうか。

トーナメント開幕。1回戦第1試合と第2試合の一部が描写されました。

第1試合はあずさの上手さが存分に発揮されました。逆に律子は地力はあるのに変な所で応用が効かないというか頭が固いというか。2度目の参戦即退場とかませポジションが板についてきたような。
下押禁止戦で注意点すべき点は概ね解説した通りですが、実際にやってみると他にも勝手の違う部分が見えて来そうな気がします。
今回の配ぷよ程極端に高い積み方でも効率良く積めるものが来る保証はありませんが、「自由落下はとにかく遅い」=可能なら高い位置に置く、ちぎりを躊躇わない、を意識しあずさ寄りの積み方をする方が強いのはほぼ確実でしょう。

第2試合序盤、真美の打ち方から壁でダブル部分を作る階段4Wの効率的限界が垣間見えます。また対真戦時の亜美同様速度を完全致死よりも優先している様子も。次回果たして上達した面を見せる事が出来るのでしょうか。
他方初期型デスタワーを披露したやよいですが、現時点ではデスタワーBのネタバレに繋がる為下手な事が書けません。
予告にもあった、某漫画から借用したというやよいの台詞だけでもピンと来る人はいる筈、という事です。元ネタが分からずともやよいの描かれ方やPの台詞を注視すれば大体予想はつけられるかと思います。
posted by nightfall at 21:13| ぷよm@s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。